協会の目的
日本メディカルアロマテラピー協会の目的
日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)は、メディカルアロマテラピーの啓蒙、普及、研究を目的とする特定非営利活動法人です。JMAAでは、イベント、スクール、ボランティア活動、インターネットを通じてメディカルアロマテラピーの啓蒙、普及に努めるとともに、研究の成果を会報、メールマガジン、ブログ等で発表しております。また、研究の成果として製品化された商品は、有限会社ファルマコロジースキンケアより販売され、その収益はJMAAの活動のために用いられております。

JMAAが考えるメディカルアロマテラピーとは
私たちが考えるメディカルアロマテラピーは、植物から抽出した精油の可能性を考え、どこまで使えるかを追求した治療法です。

昔から、薬は植物から作られてきました。
今でも、医師が薬草を使って治療をしている国がたくさんあります。現代では、その植物にどのような成分が含まれ、どの成分に薬理効果があるかを研究し、化学的に合成することによって即効性があり効果が強い新薬が誕生しています。しかし、強い薬は副作用をもたらし、さらに人間は抗生物質によって耐性のある病原菌を創り出してしまいました。

私たちが使う精油はケモタイプと呼ばれるもので、山野に自生したり、無農薬で栽培されたりした植物から抽出された、成分が明らかなものです。一つの精油には、いろいろな成分が300〜400種類含まれています。

メディカルアロマテラピーとしてこのケモタイプ精油を使う場合、含まれる成分のうち、含有量の多い代表的な成分に注目し、刺激成分を避けるなどトラブルが起こらないように十分にに留意します。このため、症状によっては数種類の精油を組み合わせて使うこともあります。

一般的にメディカルアロマテラピーというと、このように有機化学・薬理面からのとらえ方で使いますが、これだけでは現代医薬的に副作用の少ないものととして、そして植物に含まれるたくさんの成分の可能性としてという考え方だけで使うことになってしまいます。

私たちは、治療としてもう一歩踏み込んだ、メディカルアロマテラピーを考えます。

それは、メディカルアロマテラピーによる治療を治療家の方だけが行うのではなく、メディカルアロマテラピーについての正しい知識を持つことで、お母さんがお子さまにも安心して使うことができる、「おばあちゃんの知恵」のような民間医療として行うことができるのではないかということです。

メディカルアロマテラピーのすばらしさは、感染症に対する可能性と自律神経系・免疫系・内分泌系への作用としての可能性があることだと思います。また、精油の組み合わせで、鎮痛や鎮静・局部麻酔・抗炎症のように即効性のある使い方もできますし、体質を改善することで症状の軽快を図る根本的な治療としての使い方もできるということだと思います。

治療として考えた時、西洋医学もメディカルアロマテラピーも、強く作用するものを使って即効性を求めることもできますが、これは対症療法であり根本的な治療とは言えません。根本的な治療とは、やはり「なぜこの病気になったか」を考え、体質や気持ちを考えて治療することなのではないでしょうか。

ところが、現代の医療システムでは、このような根本的な治療はなかなか難しくなっています。たくさんの患者さんを扱わなければならない病院では、入院でもしない限りとりあえずの症状を緩和するだけの治療で終始してしまいがちです。

しかし、体質を改善し、病気にならないようにケアし、また症状が軽いうちに直してしまうことは家庭でも可能です。そして、そこにメディカルアロマテラピーの可能性があると思います。

アロマセラピーでは、香りでストレスケアとかリラックスができるといいます。しかし、精油にリラックス効果があっても、その精油の香りが好きでなければ効果は期待できません。また、香りを嗅いだだけで、すぐにリラックスできるという人がどれだけいらっしゃるでしょうか。

ひとつの例をお話ししましょう。

私は1人の入院中のお年寄りに元気になっていただくためにマンダリンの精油を選びました。まずこれはみかんの香りだよと言って好きかどうか確認をして、好きと言うイメージを与えました。

次にみかんと言えばコタツだねとコタツをイメージさせ、コタツと言えばお正月とイメージを与え、お正月は孫や家族と楽しかったねと、記憶と香りをイメージさせました。そして、今年の冬は退院して、またみんなでお正月を迎えようねと言いました。

お年寄りにとって、マンダリンは楽しくて元気になる香りというイメージになり、病室でマンダリンの香りを使い、年末に退院することができたのです。

確かにマンダリンにはリラックスさせる成分が有り、お年寄りの不安を取り除くために使用したのですが、このように相手のことを考えて使わなければ効果はなかったでしょう。

メディカルアロマテラピーは治療の1つで、西洋医学的な即効性の有るブレンドから、
相手の体質を考えた根本治療まで幅が広く、知識を持てば安全で可能性があり、
誰もが行うことのできるすばらしい物です。

そしてさらに相手を理解し、相手のためにと言う優しい気持ちがプラスされて、大きな効果が出る治療法だと思います。

日本メディカルアロマテラピー協会は、メディカルアロマテラピーを通して自然のすばらしさを知り、人に対するまごころを考えることによって本当のテラピストを育て、その活動によってご家庭での幸せのお役にたてればと考え、広い意味でのメディカルアロマテラピーを広めて行きたいと考えています。
前のページに戻る
このページの先頭へ

 
助け合い・学び・社会貢献する
愛と癒しのコミュニティサイト

  日本メディカルアロマテラピー動物臨床獣医部会
精油・グッズの販売 株式会社ウェル
精油・グッズの販売 株式会社ウェル

トップ・ページ 新着情報 イベント情報 日本メディカルアロマテラピー協会について 提携先リンク お問い合わせ 著作権について サイト・マップ

日本メディカルアロマテラピー協会 トップページ 新着情報 イベント情報 JMAAとは 提携先リンク お問い合わせ 著作権について JMAAとは