メディカルアロマテラピー実践講座
香りを嗅ぐというだけのアロマテラピーではなく、「塗布」や「経口」も取り入れます。そのため有機化学や薬学その他、身体や病気に関しても学ぶ必要があり、医師の先生方と共に研究を進めるアロマテラピーです。

メディカルアロマテラピーとはベルギーで医療として認められ、保険が適応されていた治療法です。そのため私たちは、成分分析表(厚生省指定機関)の添付されている精油(エッセンシャルオイル)を使用し、その成分から作用や安全性を確認して効率のよい治療を考えます。

精油は全て、希釈しなくても安全に使用できます。それは正確な知識を持ち、精油の成分から刺激・効果の有る成分を考えればできることです。そうすれば高比率でも使用ができ、西洋医学のような短期間の治療も可能です。

次に精油をキャリアオイル(オリーブ・アーモンド等)油脂で希釈すると、互いに親油性なので混ざります。しかし肌に対しては、キャリアオイル(分子量 1,000以上)は浸透しませんので、肌から吸収される精油(分子量400以下)の吸収率を非常に低下させてしまうでしょう。

この方法の場合は、ほとんどが揮発性による香りの効果が優先されると思われます。マッサージオイルに精油を添加する場合は香りだけの効果を使うことになると考えます。塗布することによっての身体に対する作用・効果を望むのであれば、高濃度又は原液のエッセンシャルオイルを使うしかありません。しかし現在は天然の「親水性ジェル」に添加する方法が有効だと協会では考えます。

このように沢山の矛盾や問題が有り、現在協会では各分野の専門家の先生方と連携しアロマテラピーの安全性と可能性を研究しています。


メディカルアロマテラピーの用法
大きく分けて二つの使い方を考えております。

一つは家庭での健康管理及び家庭医学としての使い方で病気の予防にメディカルアロマテラピーを使います。これには病気の原因の一つであるストレスや生活習慣・健康管理に非常に効果を上げています。

もう一つは医療として西洋医学を中心に代替治療としての使い方で副作用面・ストレス面・カウンセリング面で有効と考えやはり効果を上げています。その他、各分野での治療やエステ等に沢山の使い方が期待できると思います。

メディカルアロマテラピーの使い方「基本的な使い方1」
メディカルアロマテラピーの使い方「基本的な使い方2」
メディカルアロマテラピーの使い方3

スペシャリストを目指す
メディカルアロマテラピーを専門家として使うには、知識(物理・化学)が必要ですがそれ以外にも言葉使い・真心・慈愛・機嫌・呼吸が大切と考えます。この条件が揃わなければ治療や講師・ビジネスも出来ないでしょう。協会ではNPOとして講演会やボランティアを開催しております。これを利用し皆様に治療とは健康とは何か、身体や心に気づき、健康で元気になって頂き専門家としての知識を増やして頂きたいと思います。


協会の活動
協会ではメディカルアロマテラピーを取り入れ、健康や元気に成った一般の会員様を中心に専門家の先生方と講演やボランティアを実行しています。

同じ価値観を持った一人一人の力はすばらしく、この人の和が広がる事を願い活動しています。興味を持って頂けたら。是非ご参加ください。またホームページ・無料メールマガジンを配布しております。
前のページに戻る
このページの先頭へ

 
助け合い・学び・社会貢献する
愛と癒しのコミュニティサイト

  日本メディカルアロマテラピー動物臨床獣医部会
精油・グッズの販売 株式会社ウェル
精油・グッズの販売 株式会社ウェル

トップ・ページ 新着情報 イベント情報 日本メディカルアロマテラピー協会について 提携先リンク お問い合わせ 著作権について サイト・マップ

日本メディカルアロマテラピー協会 トップページ 新着情報 イベント情報 JMAAとは 提携先リンク お問い合わせ 著作権について JMAAとは